人物

西村康稔の身長や弟・実家や略歴も!新型コロナ対策担当大臣に任命!

こんにちは、sadachi です!

経済再生担当大臣・西村康稔さん、新設された新型コロナウィルス対策担当大臣を兼任することになりました。

日本だけでなく、世界規模で猛威を振るう新型コロナウィルス、ギリシャでは東京五輪の聖火の採火式が開催されて、野口 みずきさんが走っているのをテレビで見たのですが…。

結局、ギリシャ国内の聖火リレーは、中止になっちゃいましたね。

新型コロナウィルス、どこまで行くのでしょうか。今のところ聖火は無事に日本に届いて、26日に迫った福島の聖火リレー出発式には、安倍首相も立ち会うということです。

今後の見通しはどうなんでしょう、西村さんの手腕やいかにというところでしょうか。

そこで「西村康稔の身長や弟・実家や略歴も!新型コロナ対策担当大臣に任命!」と題しまして、西村康稔新型コロナウィルス対策担当大臣の周辺をまとめてみましたので、参考にしていただけたら幸いです。

それではさっそく、本題へいってみましょう!

西村康稔 もっと強気に仕事せよ!

最近の西村康稔経済再生担当相について、思っていることを追記しますね。

西村さんはコロナ担当大臣を兼務しているのですが、緊急事態宣言が11都府県に広がっている中、もう少しコロナ担当大臣として強気発言をしてもいいのではないかと、私なんかはつい思ってしまう最近なんですね。

西村さんが、ランチを含めて極力外食を控えるよう呼び掛けたり、宣言の対象地域での飲食店に対して午後8時までの営業時間短縮を要請していますよね。

それに加えて「昼間も外出自粛をお願いしたい。昼に皆とご飯を食べていいということではない」と話し、「しばらくご不便をお掛けするが、家庭での食事をぜひお願いしたい」と強調しているんですね。

企業に対しては、「出勤者の7割削減」に向け、さらなるテレワーク導入を求めているんですが…、ここまでは担当相として当たり前ですよね。

私が言いたいのは、そんな当たり前だけじゃなくて菅義偉首相や政府の中枢にもっと切り込んで欲しいということなんですね。

菅さんが、緊急事態宣言の7府県を追加したときに福岡を静岡と言い間違えたときも、コロナ担当相として「自覚が足りない」と糾弾するぐらいの気概を持って欲しいもんです。

その前にも西村さんや政府の分科会などから、5人以上の会食は控えるようにとの要請がありましたが、菅首相をはじめ国会議員自ら破っている状況5人以上のが続いていますよね。

自民党総裁選で菅さんに敗れた石破茂さんなんかも、会合を開いてお詫びしたんですが、西村さんがコロナ担当大臣として、それでは国民に収拾がつかないなどきちんと申し渡すなど、私たち国民に見えるようにして欲しいと思うんですけど、無理なんですかね?

コロナ担当大臣としては、外向けには本質ですけど当たり前の範囲で要請していますが、内部に向けては何の力もないでしょうか。

それでは、コロナ担当相なんていらないんじゃないですか。

新型コロナウイルス感染拡大に関して、昨年の第1波から2波、そして今回の第3波とみてみると、圧倒的に第3波の規模が大きいじゃあないですか。

人と人が接触しないというのが拡大させない”キモ”になっているわけですから、その対策を徹底的にやるべきだと思いますね。

そりゃあ、経済を止められないというジレンマがあるかも知れませんが、「タマゴが先か鶏が先か」じゃないですけど、経済をを主体にするとコロナの収束は無理ですね。

テレワークで出勤者7割減なんて土台無理ですし、西村さんも言わなければということで、心の中では無理だと思っていると思いますよ。

それとコロナ担当大臣として、重症者が連日最大人数を更新してるのと、痛ましいですけど死者の数が急増しているじゃあないですか。

これらにもしっかりとメスを入れていただきたいんですけど、西村さん、どうなんですか?

もっと菅内閣でもっともっと存在感を示し、国民に納得がいく方向性をぜひ示してほしいと永っています。

でなければ、ワクチンが浸透するまで「カラ発言」だけに終わってしまいますよ。

菅首相何するものぞと、喧嘩するぐらいの気迫で臨んで、現状を正していければ、次期総理大臣は西村さん、あなたのモノだと思いますよ。

新型コロナウイルス担当大臣というのは、そうしたラッキーなポストじゃないんですか?

それでは今回の追記は、ここまでとしておきますね。

西村康稔の身長や弟・実家は?

名 前 :西村 康稔(にしむら やすとし)
生年月日:1962年10月15日(57歳)
出 身 :兵庫県明石市
身 長 :178 cm(?)
体 重 :66~68 kg(?)
血液型 :B 型
趣 味 :秘境巡り、映画、マラソン、俳句、茶道、観劇、写真
特 技 :ボクシング
中学校 :神戸大学附属明石中学校
高 校 :私立灘高等学
大 学 :東京大学法学部
大学Ⅱ :メリーランド大学大学院
所 属 :自由民主党衆議院議員

西村さんの実家は、兵庫県明石駅前の東仲ノ町商店街にある大崎時計店だそうですよ。

西村さんのお父さんは、サラリーマンをされて幼少期は明石市二見の市営住宅で過ごしたそうです。

よしひろさんという弟さがひとりいます。

西村さんの今のご家族は、奥さまと娘さん3人の5人家族だとのことですね。

西村さんの身長・体重なんですが、ネットの見出しにチラッとだけ出ていましたが、正確な物かどうかは確認されていませんので、悪しからず…ですね。

西村康稔の略歴も!


関西の頭脳明晰の典型的なコース、灘高校から東大法学部なんですね。

米国メリーランド大学院は東大卒業後、通産省に入省してから、国際政治・経済を学びたいと進学したそうです。

通産省時代は、石川県商工課長を経験されて、地方主導のまちづくり実践に寄与したとのことですよ。

1999年7月に、「政治がかわらなければ、日本は変わらない」と政治家を目指して、官僚としての仕事に限界を感じ通産省を退官、原健三郎元衆議院議長の秘書を務めます。

2000年の第42回衆議院議員総選挙に出馬するも落選、2003年の第43回衆議院議員総選挙に再度兵庫9区から出馬し、前回敗れた宮本一三さんを下して初当選を果たします。

2005年に2期目の当選、2009年3期目の当選を果たし、その9月に町村派の一議員から押されて自民党総裁選に出馬しますが、谷垣禎一さんに敗れています。

2012年12月の第46回衆議院議員総選挙で4選、2014年12月の第47回衆議院議員総選挙で5選、2017年10月の第48回衆議院議員総選挙で6選を果たし、現在に至っています。

その間、下記の役職を歴任しています。

★ 2008年08月 外務大臣政務官
★ 2009年10月 自由民主党政調副会長兼事務局長
★ 2009年10月 経済産業部会長、財務金融部会長、選対事務局長
★ 2012年12月 内閣府副大臣
★ 2016年01月 衆議院内閣委員長
★ 2016年08月 自由民主党総裁特別補佐、筆頭副幹事長、選対副委員長
★ 2017年08月 内閣官房副長官
★ 2017年11月 内閣官房副長官
★ 2018年10月 内閣官房副長官

そして、2019年9月に第4次安倍第2次改造内閣において、経済再生担当大臣全世代型社会保障改革担当大臣内閣府特命担当大臣(経済財政政策)に起用されるのです。

西村康稔 新型コロナ対策担当大臣に任命!

昨年12月に中国の武漢市から広まった新型肺炎、新型コロナウィルスによると判明してからも収束する気配が全く見えませんね。

そこで西村康稔さんを、新型コロナウィルス対策担当大臣に充てるとしたんですけど、厚生労働大臣とどう違うんですかね。

厚生労働大臣は、公衆衛生の向上と増進のほかに国民生活の保障と向上、社会福祉・社会保障・労働条件・労働環境の整備などを担当しているんですね。

最近出ずっぱりの加藤勝信厚生労働大臣が、忙しすぎるから分散したんでしょうか。

新型コロナウィルス対策担当大臣の任務とは、感染症による国民生活や経済に対する影響を最小限にするために、各大臣と協力しながら必要な法案の提出と早期の成立を図ることだそうです。

新型コロナウィルス対策で「緊急事態宣言」を発令する場合など、速やかに発令できるように「特別措置法」の改正法案を提出する仕事なんですよね。

なんか法案作成および成立の方にシフトされていると見ましたが、どうでしょうか。

安倍晋三首相が勇み足で、全国の小中高校の臨時休校を要請して、ある種の批判を浴びましたけど、そういうことのないように西村さんを横に配したということなんでしょうね。

注)本記事内のツイートに関しては、Twitterのツイート埋め込み機能を利用して掲載させていただいております。皆さまの貴重な情報に感謝いたします…♪

 

注)アイキャッチ画像に関しましては、「gaogao」さんのツイート画像を使用させていただいております…♡

まとめ

今回は「西村康稔の身長や弟・実家や略歴も!新型コロナ対策担当大臣に任命!」と題しまして、西村康稔新型コロナウィルス対策担当大臣の周辺をまとめてみましたが、いかがだったでしょうか?

西村さんは統合型リゾート施設(IR)整備推進法案提出の際など、政治資金の不透明さが報じられたりしましたが、大臣就任しているので痛手とはなっていないのでしょうね。

とても国会答弁がお上手と評判なんですけど、確かにテレビで見ていても頭の回転が速く、お話はとても上手でわかりやすいと思います。

そういえば、西村さんが出るようになって、加藤さんの露出が減ったように感じるんですけど、気のせいですかね。

新型コロナウィルス対策担当大臣の西村康稔さん、法案提出といっても、”国民第一優先”ということだけは忘れないでくださいね!

それでは、今回はここまでとさせていただきます!

最後までご覧いただき誠にありがとうございました!

ABOUT ME
sadachi
こんにちは、sadachi. です! 当ブログににお越しいただき、誠にありがとうございます。 金沢住まいの私が金沢から発信できること、毎日のニュースで感じたこと、耳寄りな情報などご紹介していきますね。 できるだけたくさんの皆さんと繋がることができるブログにしたいと思っています。 あなたのちょっとしたお時間に読んでいただけたら、とても光栄に思います。 よろしくお願いいたします!