Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!
人物

井上広大の親や兄弟・出身校は?好きな球団や能力・高校通算成績は?

こんにちは、sadachi です!

夏の甲子園優勝校履正社の4番バッター井上広大外野手、2019年阪神タイガースがドラフト2位指名で阪神入団を決めましたね。

「(プロは)小さい頃からの夢なのでワクワクしている」とドラフト前に語っていた井上くん、念願のプロ野球、それも超人気球団・阪神タイガースで夢がかなって、いい気分といったところでしょうか。

地元が大阪府の大東市ですから、阪神入団で盛り上がっていることでしょうね!

そこで「井上広大の親や兄弟・出身校は?好きな球団や能力・高校通算成績は?」と題しまして、井上広大外野手についてまとめてみましたので、参考にしていただけたら幸いです!

それではさっそく、本題へいってみましょう!

井上広大の親や兄弟・出身校は?

井上広大外野手は、小学校2年の時に野球じゃなく、ソフトボールを始めたそうです。

まあ、事実上そこから野球に人生をかける“道”が始まったと言えるのですが、そんな井上広大くんのプロフィールから見ていきましょうね。

名 前 :井上 広大(いのうえ こうた)
生年月日:2001年8月12日(18歳)
出身地 :大阪府大東市
身 長 :187㎝
体 重 :97kg
投 打 :右投げ右打ち
小学校 :大東市立南郷小学校
中学校 :大東市立南郷中学校
高 校 :履正社高等学校

ソフトボールを始めたきっかけは、上級生に誘われたそうです。そのころから体が大きかったのでしょうね、「ANTブルージェイズ」に入ります。

『身体能力はずば抜けていた。打球の飛距離がすごく、10年に一人の逸材だった』、当時の監督さんの談話です。

中学生になった井上くんは、「東大阪リトルシニア」という硬式野球チームに入ります。いよいよ野球が始まるんですが、最初は外野ではなくキャッチャーだったそうですよ。

強打のキャッチャーとして鳴らすわけですが、小さい時から背は高かったのにとっても細い体だったといいます。そこで、体を大きくして打撃力を高めるためにと、中学に入ってからは昼でも3合近いご飯を食べるようになったそうです。

そして、ヤクルト・山田哲人選手の出身高でもある履正社高等学校に進学します。ここで外野手に転向、1年夏からベンチ入りを果たしています。

井上くんを支える手料理を作るのは、もちろん母親の貴美さん(50歳)、管理栄養士さんのアドバイスにより、筋肉を消耗させないように捕食もしなさいということで、毎日おにぎり5つとパン4コを持たせたそうです。

ビタミン不足も指摘されたとのことで、貴美さんはいつも自宅にミカンを用意していたそうですよ。母親の愛は、どんなエピソードでも素晴らしいものだと思いますね。

ところで、お父さんのアドバイスはなかったのでしょうか?

実は、井上くんの家族はお母さんと8歳年下になる祐榮(しゅうえい)くんという弟さんの3人暮らしだとのことです。亡くなったという情報はありませんから、どこかの時点で生き別れたということなんですかね。

それでもすくすくと育ち長打力も増した井上くん、今では『食事の影響は大きい、母の手料理と栄養士さんのお陰』と感謝しているそうです。

井上広大の好きな球団や能力・高校通算成績は?

ここから井上広大くんの好きな球団や能力、成績などを見ていきたいと思うのですが…、好きな球団は阪神タイガースじゃなかったんですよね。

大阪出身やから当然、阪神かオリックスかなと思っていたんですけど、ソフトバンク日本ハムだそうですよ、わからないものですねェ~。

ドラフト前には12球団どこでもOKとしたものの阪神については、『ヤジが多いイメージ、それに耐えられるかですね』ですって、確かに…!

能力に関して阪神の渡辺亮スカウトは、以下のように評価しています。

チャンスでの勝負強さと長打力が魅力の長距離砲。甲子園の舞台で活躍できるメンタルの強さも持ち合わせており、長打力にさらに磨きを掛ければ甲子園を沸かせる主軸打者になれる可能性を持った将来のスター候補。

確かに、選抜で高校屈指のピッチャー奥川恭伸くんに初戦で当たり、4打数無安打2三振と押さえ込まれ、チームも計17三振と完封負けを喫したのです~が。

夏の甲子園決勝戦では5打数1安打3三振ながら、3回のヒットの1打がスリーランホームランと、宿敵奥川君に雪辱を果たしたのです。

井上広大外野手の成績

夏の予選通算 :7試合 27打数11安打10打点4本塁打 打率.407
夏の甲子園通算:6試合 26打数10安打14打点3本塁打 打率.385

こうみると、選抜の悔しさをバネに、如何に“打倒奥川”に向けて履正社が結束したか、その中で井上くんがきっちり役割を果たす強さを見せたかがわかりますね。

この2019年の甲子園対決、井上くんは我が阪神タイガースへ、奥川くんは東京ヤクルトスワローズへ、これが令和のライバル伝説の幕開けとなるのでしょうか? 大いに期待したいものですね!

高校最後の公式戦は茨城国体なんですが、履正社は準決勝で長崎・海星高校に敗れ決勝進出を逃しています。高校通算で49本塁打を放った井上くんは、大会1回戦から10打数無安打と振るわなかったのですが、最後の打席で右前安打を放ち勝負強いところを見せています。

甲子園が終わってからは、木製のバットばかり振っていたので、久しぶりの金属バットで力みがあると、通算11打数1安打に終わった理由を自己分析したそうです。

井上くんが目標とする選手は、高校の先輩であるヤクルトの山田哲人選手や巨人の岡本和真選手で、『ここぞというところで本塁打が打てる選手になりたい』と頼もしいことを言ってくれています。

まとめ

今回「井上広大の親や兄弟・出身校は?好きな球団や能力・高校通算成績は?」と題しまして、井上広大外野手についてまとめてみましたが、いかがだったでしょうか?

ドラフト上位指名選手が、すべて活躍するとは言えないプロ野球の世界ですが、日本を代表する選手もまたドラフトを経験してプロ野球に入っています。

すなわち、上位指名かどうかにかかわらず、入ってからどうするのか?どうなるのか?伸びしろはあるのかないのか?

一番の要素は、プロ野球に馴染んで如何に伸びるかでしょうね。そのためには、努力もさることながら天賦の才というのも必要だと思います。

井上広大外野手は、高校3年の春を経験してからグ~ッと伸びた選手、スカウトさんが「主軸打者になれる可能性を持った将来のスター候補」と言うように、可能性に大輪の花をぜひ咲かせていただきたいと願っている私です!

それでは、今回はここまでとさせていただきます!

最後までご覧いただき誠にありがとうございました!

ABOUT ME
sadachi
こんにちは、sadachi です! 当ブログににお越しいただき、誠にありがとうございます。 金沢住まいの私が金沢から発信できること、毎日のニュースで感じたこと、耳寄りな情報などご紹介していきますね。 できるだけたくさんの皆さんと繋がることができるブログにしたいと思っています。 あなたのちょっとしたお時間に読んでいただけたら嬉しいです!