Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!
テレビ

藤森照信プロフィールや経歴!家族や特徴・代表作も│情熱大陸では?

こんにちは、sadachi. です!

今夜のTBS系『情熱大陸』(MBS制作)は、45歳で建築家デビューを果たした藤森照信さんが登場します。

と言っても、藤森さんは学生時代には建築学科で学び、東大の大学院では近代日本建築士をを研究している訳ですから、ず~っと建築に携わっているんですよね。

藤森さんの手掛ける建築は、よくジブリのようだと言われていますよね。

それだけ自由な発想と、自然に近い素材なんでしょうね、確かに藤森さんの作品を見てみると、そんな感じがありますね。

そこで「藤森照信プロフィールや経歴!家族や特徴・代表作も│情熱大陸では?」と題しまして、藤森照信さんのプロフや経歴、特徴や代表作なんかをまとめてみましたので、参考にしていただけたら嬉しいです。

それではさっそく、本題へいってみましょう!

藤森照信さんのプロフィールや経歴は?

藤森照信さんは、1946年に長野県で生まれているんですね。

長野県諏訪清陵高等学校から東北大学工学部建築学科を経て、東京大学大学院工学系研究科建築学を専攻をし博士課程を修了、1991年に「神長官守矢史料館」を手掛けて、建築家デビューをしているんですね。

それではここで、藤森照信さんのプロフィールを確認しておきましょうね!

【藤森照信さんのプロフィール】

名 前: 藤森 照信(ふじもり てるのぶ)
生年月日:1946年11月21日(73歳)
出 身: 長野県諏訪郡宮川村(現・長野県茅野市)
高 校: 長野県諏訪清陵高等学校
大 学: 東北大学工学部建築学科
大学院: 東京大学大学院工学系研究科建築学
肩書き: 建築家、建築史家
所 属: 東京都江戸東京博物館館長ほか
【受賞歴】
★ 1986年 日本文化デザイン賞
★ 1986年 サントリー学芸賞
★ 1997年 日本芸術大賞
★ 1998年 日本建築学会賞(論文)
★ 2001年 日本建築学会作品賞
★ 2014年 Austrian Tourism Innovation Prize
(オーストリアの観光イノベーション賞)
★ 2020年 日本芸術院賞

ここからは経歴を時系列でご紹介しますので、確認してくださいね!

★ 1965年:長野県諏訪清陵高等学校卒業
★ 1971年:東北大学工学部建築学科卒業(小田和正と同期)
東京大学大学院へ進学して村松貞次郎に師事し、近代日本建築史を研究
★ 1974年:堀勇良ら研究仲間と建築探偵団を結成
やがて全国の研究者と協働で各地に残る近代洋風建築の調査を行った
その過程で関東大震災後に多く建てられた一見洋風の店舗兼住宅群に着目し「看板建築」と命名した
★ 1979年:論文「明治期における都市計画の歴史的研究」により工学博士号を取得
(後に『明治の都市計画』として刊行)
★ 1984年:この頃から一般誌向けに西洋館をテーマにした多くのエッセイを執筆し、写真家の増田彰久とコンビで多くの著作を出している
★ 1985年:東京大学生産技術研究所助教授に就任
★ 1986年: 『建築探偵の冒険・東京篇』でサントリー学芸賞を受賞
赤瀬川原平、南伸坊らと路上観察学会を結成した
本業の建築史研究では国内に留まらずアジア各国に研究のフィールドを広げるようになり、その成果が『全調査東アジア近代の都市と建築』(1996年)である
★ 1991年:神長官守矢史料館で建築家としてデビュー
78代当主守矢早苗と藤森が幼馴染みという縁で、茅野市役所が藤森氏に設計依頼を
設計作品では自然素材を大胆に使う
★ 1997年:「赤瀬川原平氏邸に示されたゆとりとぬくもりの空間創出」で第29回日本芸術大賞(財団法人新潮文芸振興会)を受賞
自邸(タンポポハウス)なども話題になる
★ 1998年:東京大学生産技術研究所教授に昇格
日本近代の都市・建築史の研究(『明治の東京計画』及び『日本の近代建築』)により日本建築学会賞(論文)を受賞
★ 2001年:熊本県立農業大学校学生寮で日本建築学会賞(作品賞)を受賞
★ 2006年:9月開催の、第10回ヴェネツィア・ビエンナーレ建築展では日本館のコミッショナーを務めた
BSフジ『明治・大正・昭和の建築~日本の近代化遺産~』の番組解説、監修を務めた
★ 2010年:東京大学を定年退職 工学院大学教授に就任
★ 2014年:工学院大学を定年退職
★ 2016年:東京都江戸東京博物館館長に就任
★ 2019年:工学院大学非常勤特任教授に就任
★ 2020年:「ラ コリーナ近江八幡 草屋根」で日本芸術院賞を受賞

藤森照信さんの家族や特徴・代表作も

藤森照信さんの奥さんは美知子さんというそうで、専業主婦なんですかね。

お子さんもいらっしゃるとは思うんですけど、公開されていないのでわかっていません。

父親は小学校の先生だったそうですが、かたわら生活を支えるために農作業もしていたとのことで、藤森さんも手伝ったそうですよ。

母親は大工の棟梁の娘さんだったとかで、上諏訪で40人くらいを使っていたそうで、ひょっとしたら藤森さんの建築家の道はお爺さんの血筋かもしてませんね。

小学2年生のときに住んでいた茅葺き屋根の家を建て替えた際に、大工さんの仕事を見ていた藤森さん、とても印象的で面白かったと言っていますね。

案外と藤森さんの作品の原点がここらあたりにあるのかもしれませんよ。

確かに藤森さんは、家から1時間くらいかけて小学校に通ったとかで、遊び場所はもっぱら山だったそうで、緑の中で自然に囲まれて育っているのがわかるんですね。

そんな藤森さんの作品の特徴は、斬新なデザインが多く、まるでインスタレーションアートのようにも見えるんですよね。

植物や自然素材を取り入れて、周囲の風景に溶け込んだ不思議な作品は、ジブリやムーミンの世界を連想する人もいると思いますよ。

そんな斬新な道を歩ませた特徴のひとつが、「草屋根」だと言われています。そういえば赤瀬川原平氏邸の「ニラハウス」は屋根ににらを植えていましたね。

もうひとつの特徴が、「茶室」なんですね。

空飛ぶ泥舟」や世界で最も不安定な建築物10選に入る「高過庵」など、そのユニークさには目を見張るものがあります。

そんな奇抜なんですけど、どこか懐かしい作品を生み出し続ける藤森さん、その代表作に自邸「タンポポ・ハウス」がありますよね。

「都市のなかでの自然のあり方」をテーマに屋根と壁面に帯状に草を生やし、草花が建物から芽吹く美しさを表現したと言っています。

壁に塗る漆喰を黄色みがかせるために、長野の実家でワラをドラム缶で2時間焚き、2時間放置を5回行い、東京に運んだそうですよ。

鉄平石とタンポポという前例のない組み合わせ、希少な日本タンポポの採集には苦労したそうですが、出来上がって近くで見ると人の手の温かみを感じるといいます。

ではタンポポ・ハウスも一緒に、藤森照信さんの代表作をツイートで確認してくださいね!

タンポポ・ハウス

ニラハウス

ラコリーナ近江八幡

モザイクタイルミュージアム

ラムネ温泉

3つの茶室のうち 空飛ぶ泥舟

3つの茶室のうち 高過庵

3つの茶室のうち 低過庵

藤森照信さん 情熱大陸では?

今夜の『情熱大陸』では、ドイツ・デュッセルドルフ郊外にあるインゼル・ホンブロイッヒ美術館からオファーを受けた茶室を取材したそうですよ。

藤丸さんがデザインを手掛けることになった茶室、自身が作業に取り掛かる様子や炭で覆われた外壁にするために、「焼杉」という伝統技術を用いた素材。

これはもうすでに世界の建築界では藤森さんの代名詞ともなっているんですが、やはりヨーロッパの人々が驚嘆しているんですね。

またそれ以外に、年間300万人超を集める大人気の施設となった「ラコリーナ近江八幡」で、新たな可動式建築「銅仮面」をつくる様子に迫っているそうですよ。

藤森さんにとっては、単にデザインするだけじゃなく、まず自ら動いて作ることが幸せに感じるようですね。

番組スタッフに「建築は皆で作り上げるのが楽しいし、何より自分でもやりたいが為に設計しているようなもの」と笑ったそうですよ。

TBS系『情熱大陸』MBS制作 6月21日(日)夜 11時00分〜11時30分

注)本記事内のツイートに関しては、Twitterのツイート埋め込み機能を利用して掲載させていただいております。皆さまの貴重な情報に感謝いたします…♪

 


注)アイキャッチ画像に関しましては、「建築パース.com」さんのツイート画像を使用させていただいております…♡

まとめ

今回は「藤森照信プロフィールや経歴!家族や特徴・代表作も│情熱大陸では?」と題しまして、藤森照信さんのプロフや経歴、特徴や代表作なんかをまとめてみましたが、いかがだったでしょうか?

それにしても、藤森さんの建築物を見ていると、どこからこんな発想が出て来るのだろうかと感心してしまいます。

今回は、ホンの一部だけの紹介になりましたが、その他も含めてそれぞれすべてが自然と雰囲気を同じにしているのがわかってきます。

1946年生まれ73歳、誕生日がくれば74歳ですからね、年齢を感じさせない若さ溢れる藤森照信さんの作品を、機会があればチェックしてみてくださいね。

その前に、今晩の『情熱大陸』もお見逃しなく、要チェックですよ!

それでは、今回はここまでとさせていただきます!

最後までご覧いただき誠にありがとうございました!

【速報】石川県コロナ情報まとめ!今何が起きている?各市町の話題も6/19 ブログを更新しています! こんにちは、sadachi. です! 当ブログにお越しいただき、ありがとうございます! ...

https://sa0209ta.com/sports/2020-6-20-okugawayasunobu-prodebut/

【石川県新型コロナ第1波収束】金沢やっと来られた!移動全面解禁!こんにちは、sadachi. です! 都道府県をまたぐ移動自粛が全国的に解除になり、移動が自由になった昨日19日、石川県では新型コ...
【激レアさん】荻田泰永の嫁や子供・学歴や経歴は?100マイルを?こんにちは、sadachi. です! 今晩のテレビ朝日系『激レアさんを連れてきた。』では、あの北極の冒険家・荻田泰永さんが出演しま...
坂梨カズのプロフィールや経歴は?乙女系オジバで娘?いなり王子も!こんにちは、sadachi. です! 19日のテレビ東京系『たけしのニッポンのミカタ!』、今回のテーマは ”好きすぎて…すみません...
梶裕貴の奥さんは?学生時代や芸歴・代表作も♯ミレニアガールではこんにちは、sadachi. です! それではさっそく、本題へいってみましょう! 『進撃の巨人』や『七つの大罪』、『僕のヒー...
黒川勇人のプロフや経歴は?マツコで缶詰博士のおすすめは?事務所もこんにちは、sadachi. です! 世界中を駆け巡って、世界中の缶詰を食べ続けている「缶詰博士」の黒川勇人さん、今晩のTBS系『...
松本まりかの両親や兄弟は?高校や中学校から代表作・バラエティも!こんにちは、sadachi. です! 2019年に女優歴19年で初めて映画賞を受賞した松本まりかさん、その演技力がSNSで拡散して...
松田ゆう姫の父や母・兄弟は?プロフィールや経歴にバラエティ出演もこんにちは、sadachi. です! あの伝説的な大スター松田優作さんを父親に持つ松田ゆう姫さん、松田龍平さんや翔太さんという兄に...
山口真由の親や兄弟に高校時代は?東大主席で未婚女子がバラエティ!こんにちは、sadachi. です! 東京大学を首席で卒業してニューヨーク州の弁護士肩書きを持つ山口真由さん、6月10日の日本テレ...
平出和也がシスパーレ2017からk2未踏ルート登頂!実力や年収もこんにちは、sadachi. です! 世界が驚く数々の新しいルートを制覇してきた平出和也さん、常に未踏峰や未踏ルートにこだわり続け...
大学共通テスト延期せず!1月16・17日実施へアンケート結果は?こんにちは、sadachi. です! 新型コロナウイルス感染拡大の影響を受けて休校が長期化している中で、大学入試共通テストを自民党...
シウマのプロフィールや経歴は?家族や実家学歴も│携帯番号占い予約こんにちは、sadachi. です! 毎週水曜日夜10時からフジテレビ系で放送されている『突然ですが占ってもいいですか?』にシウマ...
星ひとみの家族や実家・出身高校や学歴は?姓名判断と天星術・店は?こんにちは、sadachi. です! 2015年4月から朝の情報番組『スッキリ!!』(日本テレビ系)で、誕生月占いを監修しているの...
ぷりあでぃす玲奈の出身やプロフィール・経歴は?無料占いや予約は?こんにちは、sadachi. です! タレント占い師と有名なゲッターズ飯田さんの一番弟子として、売れっ子占い師の道を歩んでいるのが...
木下レオンの出身や中学高校は?プロフや経歴も│占い予約やお店は?こんにちは、sadachi. です! フジテレビ系の『突然ですが占ってもいいですか?』に出演中の木下レオンさん、福岡県の博多出身で...
森口ひろ子【プロテインマイスター】のプロフィール!マツコに登場!こんにちは、sadachi. です! たんぱく質の正しい知識と理解を深めるプロテインマイスター森口ひろ子さん、健康で明るく楽しいラ...
塚本康浩京都府立大教授プロフィールや経歴は?ダチョウ抗体マスクもこんにちは、sadachi. です! 塚本康浩京都府立大教授は、世界最大の鳥類「ダチョウ」の抗体から、そのチカラを利用して感染症予...
貝沢徹のプロフィールや経歴に店は?大英博物館にアイヌ文化の作品もこんにちは、sadachi. です! 5月31日の『情熱大陸』は、北海道でアイヌの歴史を紡ぐ木彫りの彫刻家・貝沢徹さんなんですね。...
ABOUT ME
sadachi
こんにちは、sadachi. です! 当ブログににお越しいただき、誠にありがとうございます。 金沢住まいの私が金沢から発信できること、毎日のニュースで感じたこと、耳寄りな情報などご紹介していきますね。 できるだけたくさんの皆さんと繋がることができるブログにしたいと思っています。 あなたのちょっとしたお時間に読んでいただけたら、とても光栄に思います。 よろしくお願いいたします!