テレビ

青木幸子【人生の楽園】青木農園農家料理とは?朝採れ野菜のメニュー

こんにちは、sadachi. です!

” 人生には 楽園が 必要だ ”

憧れの田舎へのIターン、愛する故郷へのUターン、50歳を過ぎてからの新たな挑戦…。

”自分にとっての人生の楽園”を見つけ、充実した第二の人生を歩む人たちの暮らしぶりを、美しい風景や美味しい食べ物などと共に紹介する番組が『人生の楽園』なんですね。

故郷を元気にしようと汗を流す人
長年の夢を叶えて店を始めた人
大自然の中でゆったりとした田舎時間を楽しむ人etc

幸せの形は人それぞれですが、さまざまなセカンドライフを紹介しながら新しい生き方を提案する、”いい人生の歩き方発見番組”になっているんですよ。

人生の楽園』はテレビ朝日系で、毎週土曜日の午後6時から放送しているんですね。

今回のゲストは、自然豊かな東京都多摩市で代々続く農家の母屋を改装し、今年5月に農家レストランを始めた青木幸子さん(65歳)が主人公になります。

そこで「青木幸子【人生の楽園】青木農園農家料理とは?朝採れ野菜のメニュー」と題しまして、青木幸子さんについてまとめてみましたので、参考にしてくださいね。

それではさっそく、いってみましょうか!

青木昇 南アルプスクラインガルテンとは?妻・里美さんと人生の楽園こんにちは、sadachi. です! ” 人生には 楽園が 必要だ ” 憧れの田舎へのIターン、愛する故郷へのUターン、50...
青木眞理【人生の楽園】プロフィールや経歴は?おやつ屋・和希はどここんにちは、sadachi. です! ” 人生には 楽園が 必要だ ” 憧れの田舎へのIターン、愛する故郷へのUターン、50...
石川敏之【人生楽園】プロフィールや経歴は?縁つなぐゆっくり農園はこんにちは、sadachi. です! ” 人生には 楽園が 必要だ ” 憧れの田舎へのIターン、愛する故郷へのUターン、50...

青木幸子【人生の楽園】青木農園農家料理とは?

           引用:Yahooテレビ 予告ページより

今回の青木幸子さんの物語人生の楽園』の舞台は、都心に近く便利な街でありながら自然豊かな、東京都多摩市になるんですね。

もともと着付けの仕事をしていた幸子さんなんですが、友人の紹介で青木孝さんと知り合い、27歳の時に結婚して代々続く農家に嫁いだんですね。

子育てと家事をしながら畑仕事などを手伝っていたんですが、義父の忠治さんと義母の節子さんが相次いで具合が悪くなったんですね。

そこで、夫の孝さんは会社勤めをしているため、幸子さんが農家の仕事を引き継ぐことになったといいます。

それまでは手伝い程度で、本格的な農作業はしてこなかったんですね。

そのため最初は義母の節子さんに聞いたり、「家庭菜園」の本を見ながら、手探りで農作業をしたりと、見よう見まねの野菜作りの挑戦だったんですね。

その内に消費者の気持ちと農家の気持ちの“ずれ”が気になって、「農業とは何だろう?」と考えるようになったというんですね。

そこで幸子さんは、農家の研修会や講習会などに参加するようになり、「東京Uターンセミナー」で2年間学んだ後に、東京都の女性農業者団体「ぎんなんネット」に入ったんですよ。

さらに「恵泉女学園大学」で有機農法の講習会を受けたり、NPO「やさいの学校」で野菜を食べ比べて勉強しているんですね。

すっかり農業にはまってしまった幸子さん、やがて「農家ならではの新鮮な料理を食べてほしい」との想いが強くなっていったんですね。

9年前といいますから2012年でしょうか、マンションの1室で「青木農園 農家料理」を開店しているんですよね。

そうこうしているうちに農業とレストランの両立に慣れ、楽しくなっていったといいます。

そして「畑作業の楽しさをもっと伝えたい、収穫した野菜を使った講習会やイベントを開催したい」と、新たな夢を抱いてその夢を実現すべく決心するんですね。

マンションの店はいったん休業、自宅の古い母屋を1年以上かけて改装したんですよ。

今年4月17~18日にプレオープン、食事と多目的なイベントも行える古民家カフェ「青木農園 農家料理」を再びスタートさせたんですね。

このタイミングで、料理上手な小林博代さん(56歳)を共同経営者に迎えています。

この町で代々続く農家の母屋を改装し、2021年4月に古民家カフェ「青木農園 農家料理」を始めた青木幸子さん、ここで提供されるランチは、朝採れの新鮮な野菜が主役なんですよ。

幸子さんと一緒に共同経営者の小林さんがつくる、10種類以上ある色とりどりのおかずがワンプレートに盛り付けられ、目にも楽しいと評判なっているんですね。

ここで店舗の概要を確認しておきますね。

【青木農園 農家料理の概要】

☆ 名 称 :青木農園 農家料理
☆ 電 話 :090-2206-9517
☆ 所在地 :〒206-0001 東京都多摩市和田1705
☆ 営業日 :木・金・土・日曜日
☆ 営業時間:12:00~17:00
※ コロナ禍のなか、営業日・時間ともに事前に確認する方が確実です。
☆ 駐車場 :あり
<駅からのアクセス>
★ 京王線「百草園」駅 徒歩13分(1000m)
★ 京王線「聖蹟桜ヶ丘」駅(西口) 徒歩18分(1.4km)
<バス停からのアクセス>
★ 京王バス 桜81「高等部入口」徒歩4分(260m)
★ 京王バス 高22「宝蔵橋」徒歩5分(350m)
★ 京王バス 桜81「東電学園」徒歩5分(370m)
青木農園農家料理「Instagram
青木農園農家料理「Facebook

青木幸子【人生の楽園】朝採れ野菜のメニュー

           引用:Yahooテレビ 予告ページより

毎朝、畑に向かい野菜を収穫する青木幸子さん、およそ1300坪ある青木農園ではキュウリやトマト、ナス、ズッキーニなど野菜や果樹を70品目以上育てているそうですよ。

収穫したピーマンはさっと湯がき、ひじきやニンジンと一緒に和え物に、フキは白ダシで味付けし炒め物に調理しているとのことなんですね。

一緒に厨房に立つ小林さんはピクルスやラタトゥイユなどの洋風料理が得意で、テイクアウト用のサンドウィッチも担当しているそうですよ。

野菜がすごくおいしい」とお客さんからは好評で、落ち着いた古民家の居心地の良さも人気の理由の1つになっているんですね。

           旬の野菜のプレート 1,200円

土作りからこだわった自家農園で採れる野菜をふんだんに使った料理を提供。ほんのりピンク色のドレッシングは赤タマネギを使った自家製で、味も見た目も楽しめます。
(画像出典:Tokyo Grown)

昔取った杵柄でしょうか幸子さんは、レストランだけでなく和装の講習会を開催したり、頼もしい仲間を迎えて楽しみながら農作業に励んだりと、少しずつ夢を実現しているんですね。

3日放送の『人生の楽園』のテーマは、「パワフル母ちゃんの農家料理〜東京・多摩市」で、仲間に囲まれパワフルでユニークな日々の暮らしを紹介しているそうですよ。

★ テレビ朝日系『人生の楽園』 7月3日(土) 18:00~18:30

注)本記事内の「ツイートに関しては、Twitterのツイート埋め込み機能」、「インスタグラムの画像に関しては、Instagramの埋め込み機能」を利用して掲載させていただいております。皆さまの貴重な情報に感謝いたします…♪

注)アイキャッチ画像に関しましては、「Yahooテレビ」さんの 予告ページの画像を使用させていただいております…♡

まとめ

今回は「青木幸子【人生の楽園】農家料理青木農園とは?朝採れ野菜のメニュー」と題しまして、青木幸子さんについてまとめてみましたが、いかがだったでしょうか?

青木さんは東京都多摩市で代々続く農家に嫁いで畑を引き継ぎ、採れたて野菜のおいしさを味わって欲しいと、義母が暮らす母屋の空き部屋を改装して農家レストランを開いたんですね。

約1300坪の畑で70品目を超える野菜や果物を育て、大根やカブなどは花を咲かせて、その花も味わうといいますか、愛でているんですね。

さらに幸子さんは、援農ボランティアに畑で見つけた四季など農業の楽しさを伝え、着付け師でもあることから着物にまつわるイベントなんかも積極的に開催しているんですよ。

古民家を改造したレストランは多々ありますが、どういった風情を醸し出しているのか?

7月3日放送の『人生の楽園』、青木幸子さんの楽園生活を確認しましょうね。

それでは、今回はここまでとさせていただきます!

最後までご覧いただき誠にありがとうございました!

中村聰・美香さんご夫婦【人生の楽園】鎌倉由比ヶ浜イタリアンバールこんにちは、sadachi. です! ” 人生には 楽園が 必要だ ” 憧れの田舎へのIターン、愛する故郷へのUターン、50...
五月女大介は茂木に移住・竹細工工房「伍竹庵」を人生の楽園に出演!こんにちは、sadachi. です! ” 人生には 楽園が 必要だ ” 憧れの田舎へのIターン、愛する故郷へのUターン、50...
石井なぎさ【人生の楽園】古民家ギャラリー&カフェ!多目的レンタルこんにちは、sadachi. です! ” 人生には 楽園が 必要だ ” 憧れの田舎へのIターン、愛する故郷へのUターン、50...
富田泰正【人生の楽園】エノテカオルチャどんな店?場所や店舗情報もこんにちは、sadachi. です! ” 人生には 楽園が 必要だ ” 憧れの田舎へのIターン、愛する故郷へのUターン、50...
ABOUT ME
sadachi
こんにちは、sadachi. です! 当ブログににお越しいただき、誠にありがとうございます。 金沢住まいの私が金沢から発信できること、毎日のニュースで感じたこと、耳寄りな情報などご紹介していきますね。 できるだけたくさんの皆さんと繋がることができるブログにしたいと思っています。 あなたのちょっとしたお時間に読んでいただけたら、とても光栄に思います。 よろしくお願いいたします!